食いしん坊の昼寝

asanomi33.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カツオの炙り重

f0008510_994797.jpg

日南の油津にある「びびんや」。
ここで食べたのは、新ご当地グルメ「日南一本釣りカツオ炙り重」
三崎のまぐろソースカツ丼みたいなものだろう。

以下、HPから転載。

◎日南一本釣りカツオ炙り重ルール◎

■正式名称は「日南一本釣りカツオ炙り重」とする (愛称は「炙り重」とする)
■日南市で水揚げされた一本釣りカツオを使う
■宮崎県産のお米を使う
■七輪(木炭)で漬けカツオを炙ってご飯の上に載せて食べてもらう
■カツオの量は約120グラムとする(目安)
■2種類の味付けをした漬けカツオを用意する(味付け、トッピング等は各店自由)
■漬けカツオを盛る皿の色は白とする
■ご飯を盛る器は重箱(長方形)とする
■替え玉ならぬ「替え皿(かえざら)」システムを導入する。一皿(漬けカツオ約60グラム)の料金は350円(税込)とする
■日南の食材や旬にこだわった、各店オリジナルの副菜と香の物をつける(日南てんぷら、きゅうりなど)
■日南産の魚介類を使った汁物をつける(魚うどんも可)
■希望者には、締めとして、土瓶に入っているスープをかけてお茶漬けスタイルで食べていただく(茶碗・土瓶・レンゲを提供、無料)
■価格は1200円(税込)以内とする

びびんやのカツオはコチュジャンベースの漬けと酒盗の漬け。
どちらも生で、炙って、お茶漬け風にと全部試したがどれも美味しい。
炙ることで生臭みがなくなるのでお茶漬け風にしても美味しくいただける。

そして味の良さにびっくりしたのが「魚うどん(ぎょうどん)」。
びびんやではとびうおのすり身で作っているとのこと。
だしがとても濃くて、これを一杯まるまるお昼に食べたいと思ったほど。

f0008510_910895.jpg

お醤油、鹿児島でも同じだが甘口と辛口が両方用意してある。
あちらの甘口醤油を初めて食べると驚く。
お刺身にも使うようだが、やはり口に合わないので辛口で。
[PR]
by asanomi33 | 2012-08-31 09:23 | 食いしん坊

真砂島

f0008510_2044253.jpg

鹿児島への帰省旅、今回はまず宮崎に一泊。
「青島グランドホテル」から徒歩15分の青島へお散歩した。
結婚して初めての帰省で宮崎に寄ったのが12年前。
今年はちびのみが初めての宮崎観光。
鬼の洗濯板を歩き、青島神社にお参りした。


f0008510_2045983.jpg

ホテルの屋上露天風呂から撮影した青島。
家族風呂を貸切できたので、朝日が照らす中で朝風呂♪

f0008510_2052338.png
青島は別名「真砂島(まさごじま)」という
そうで、2400万年前の隆起海床に貝殻が堆積してできたらしい。

タカラ貝を探そう、と座り込んで掘ってみると本当に貝殻しか出てこない。

綺麗な貝殻がたくさんあったので、親子3人で夢中になってしまった。
夏の思い出に首飾りでも作るとしよう。
[PR]
by asanomi33 | 2012-08-29 20:22 | 生活いろいろ

夏休み

f0008510_22163829.jpg

長い夏休み。
七里の砂浜に立つちびのみ。
この後、水着で波打ち際でおおはしゃぎ。

f0008510_22171947.png

先日、珍百景で見て「うわ~食べたい♪」と思った
日光「四代目徳次郎」の天然氷のかきごおり。
七里ヶ浜商店で扱ってたぞ、と思い出して食べに行った。

ふわふわの口溶けは、夏祭りのカキ氷とは別物。
埜庵のかきごおりと同じく、頭がキーンとならない。

満足満足♪
[PR]
by asanomi33 | 2012-08-16 22:26 | 食いしん坊 鎌倉

梅干

f0008510_17223786.jpg


梅干初挑戦。
ちょっとバタバタしていたので遅れ気味の土用干し。

たったの1キロとはいえ、カビも出ずに無事にここまできてホッとした。
夕方、様子を見たら表面に塩がふいている。
そうだった、昔縁側で祖母が干してたのも塩がふいてたなぁ・・・と思い出す。

小梅漬けに赤紫蘇を入れたのでこちらはそのまま。
これから毎年恒例の仕込みものになるかな?
[PR]
by asanomi33 | 2012-08-08 17:26 | 梅仕事

水羊羹

f0008510_21583249.jpg個展が無事に終了。
同日、ちびのみがお泊り保育から帰宅。
そして町内の夏祭り。
イベント続きでクタクタ。。。

ちびのみとゆっくり過ごし、おやつに作ってみたのが水羊羹。
三浦で購入してあったテングサを使って
初挑戦。

あんこは市販のつぶあんで。
こしあんを買うつもりだったのに
帰宅したらなぜかお買い物バッグに
つぶあんが入っていたのだ。
確かちびのみはつぶあんが嫌いだった。

「ごめんね。お母さん間違えちゃったよ。ボケてるね~」と言ったら
「大丈夫だよ!私つぶあんも大好きだよ。つぶあんで作ってもきっと美味しいよ♪」
となぐさめられた。

テングサを洗ってほぐしていたらそばで張り付いて見ていたちびのみが、
「海のにおいがする!」
興味深そうに作る過程を見ていた。

できあがったものは好みのやわらかさ。
そのまま食べてると飽きてしまうので、冷凍庫に入れてみた。
アズキバーみたいにならないかな~。

というわけで、夏休みに突入したのでブログもちょっとのんびり更新になる。
[PR]
by asanomi33 | 2012-08-03 22:09 | 季節の味

美味しいものを食べて昼寝が一番幸せなasanomiのつぶやき


by asanomi33
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite