食いしん坊の昼寝

asanomi33.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

つながり

今回の帰省旅最後の宿「旅行人山荘」。
いつもJALパックなどの帰省プランを利用しているのだが、
今回はホテルを選ぶときに初めて出てきたこの宿が気になった。
山荘だけに古いんじゃないかとHPを見てみたらなかなか良さそう。
貸切の温泉も楽しそうだし、チャレンジしてみるかと決めたのだ。

「旅行人」という名前、聞いたことがあるような・・と気になっていたのだが
ロビーの売店でその理由がすっきり判明。
愛読している蔵前仁一氏の著書だらけ。
そして雑誌「旅行人」のバックナンバーもずらり。
これは販売しているのかフロントに確認し、その際に蔵前氏との関係を尋ねると、
「社長の弟さんなんですよ。
この雑誌も休刊ということですからまた発行して欲しいですね。」
なんとご実家であった。

気になるタイトルの数冊を手に取ると、最後の旅行人があった。
f0008510_1024361.png

そし更に手に取ったのが下の一冊。
f0008510_1015773.png

インドの民俗画というのが面白そうでぱらぱらめくってみていたら
知っている絵が!!

f0008510_103455.jpg

「上弦の月を食べる獅子」と題された1枚。
これは愛読している夢枕獏氏の小説「上弦の月を食べる獅子」で
最後の解説に出ていたものだ。
この絵を見て小説を書き、タイトルもそのまま使ったそうだ。
※このミティラー画を所有するミティラー美術館館長のお話にも
夢枕獏氏のことが書かれていた。

自分の好きなものがつぎつぎとつながり、これは買わなければと
二冊を購入。
ルンルンでお部屋に戻ったのであった。

それにしても、HPをチェックしていたのに気がつかないものなんだなぁ。。。
[PR]
by asanomi33 | 2013-08-30 10:22 | 生活いろいろ

旅行人山荘 朝食

朝。
家族で庭にある足湯へ。
少し曇っていて桜島は見えなかった。
ぽかぽかに温まり、朝食。

f0008510_8583182.jpg

鯵の一夜干し。
自分で焼いて食べる。
さつまあげも少し焼くと美味しいですよ、と言われたので
ちびのみも楽しそうに焼いている。何故かレタスも焼いていたけど。
この一夜干しが美味しかった。
焼き立てを食べるからほろりと身がほぐせるし、塩加減もちょうど良い。

f0008510_8584797.jpg

自家製寄せ豆腐のもろみがけ。
お豆腐は水切りできる器にのっていて、自分でもろみをかけて食べる。
お豆の歯ごたえも良いし、これは朝から嬉しい一品だ。

セルフサービスで持ってくるのは自家製の黒酢ジュースとご飯の友。
豚味噌、昆布の佃煮、海苔の佃煮。
どれも甘すぎずしょっぱすぎず、ご飯がすすんだので食べ過ぎてしまった。

ちびのみは味海苔が気に入ってご飯をしっかり食べていた。

食休みしたら最後にもう一度温泉へ。

ここの宿は接客・サービス共にとても気持ちがよかった。
ロビーには霧島の美味しい水が常に飲めるようにセットされていて、
食事の後や温泉の後など、通るたびに飲んでいた。
あまり水を飲まない私が何杯飲んだっけ・・・

帰る時、女性客へのプレゼントとして霧島高原の薔薇をいただいた。
遠距離だからどうしようと思ったけれど大事に持ち帰り、まだいい香りで咲いている。

また霧島に行く時は泊まりたいな。
[PR]
by asanomi33 | 2013-08-30 09:13 | 生活いろいろ

旅行人山荘の夕食

f0008510_8425270.jpg

温泉を堪能した後は夕食。
全面ガラス張りの向こうには桜島が遠くに見えていい眺めだ。

お品書きを読みながら、前菜を楽しむ。
見ているだけでお腹いっぱいになりそうだ。
銀色の鍋は「大隅鍋」。
黒豚バラ肉・赤鶏のつみれ・水菜と牛蒡がたっぷり。
味噌仕立てで、あっさりと食べられた。

f0008510_8434745.jpg

お椀は鱧と糸瓜とオクラトロロ。
鱧なんて何年ぶりだろう。。。。
しめじの炊き込みご飯も全部食べたいほど美味しかった。
が、さすがにお腹がいっぱい。
おにぎりにしてもらえば良かったな。

必ずといっていいほど出てくるのがゴーヤーの浅漬け。
義母もタッパーにたくさん作っていて、食事のたびにつまんでいた。
爽やかな苦味で口の中がすっきりする。

f0008510_843307.jpg
ちびのみのデザート。
私も食べたかった。

大人は水菓子。
これがまたジューシーな巨峰。
でてきたものすべてに満足したのは
久しぶりだ。
[PR]
by asanomi33 | 2013-08-30 08:57 | 生活いろいろ

温泉三昧

f0008510_17333069.jpg
今回の宿は「旅行人山荘」。
楽しみにしていたのは露天風呂。
建物からいったん外に出て、敷地内の山の中の露天風呂へ向かう。
貸切なので家族で入浴。

4つあるうちのひとつで「もみじの湯」。
秋は見事だろうなぁ。。。

ちびのみは硫黄泉が初めてなので、「くさいくさい」と文句ばかり。
湯船につかるとふわふわ舞い上がる湯の花も嫌がった。
そのうち慣れてもらいましょう。

f0008510_17333782.jpg

お風呂帰りに、木々のすきまに鹿を発見。
じっとコチラを見ている。

お風呂のすぐそばにも現れることがあるらしい。
今回は待っていたけど来なかった。残念。
[PR]
by asanomi33 | 2013-08-28 17:39 | 生活いろいろ

鹿に出会える温泉

f0008510_17281696.jpg

霧島温泉は野生の鹿がいる。
今回の宿は温泉でも出会えるらしい。
到着して部屋に入り、窓から外を眺めていた時に
庭にいる鹿を発見!!

まだ子どもでシッポが白い。
バンビだ♪
草の新芽を食べに来るらしい。
この後、鹿とは数回出会うことになる。

f0008510_17282715.jpg

[PR]
by asanomi33 | 2013-08-28 17:31 | 生活いろいろ

鹿児島 帰省旅

f0008510_17173362.jpg

鹿児島への帰省旅行。
朝早く出発し、鹿児島空港に着いたのがお昼。
食事に入ったお蕎麦屋さんで新聞を手にとって仰天した。
桜島、過去最高の噴火!!しかも前日。
知ってたら機内でドキドキだったな・・・
空港と桜島は離れているのであまり影響も無いけれど。
写真は23日に帰る時、国分市内で撮ったもの。
まだ噴煙がもくもく。

f0008510_17174398.jpg

だんな様の実家に到着し、夕食用にだしを作ろうと畑で採ってきたオクラを刻む。
新鮮で柔らかい。茄子も紫蘇も、畑から。

f0008510_17182747.jpg

帰省したら食べなきゃね、としろくま。
上から見るとこんな感じ。

f0008510_17183256.jpg

横から見るとこう。
アンゼリカがのってるのが昔のままって感じだなぁ。

f0008510_17185489.jpg

義母が作ってくれたしんこ団子。こしあんが美味しい♪

f0008510_17192138.jpg

ちびのみが食べたい!!と言っていた「がね」。
唐芋をたっぷり食べた。ついでに南瓜とゴーヤーも。
野菜が新鮮というのが何よりのご馳走。
[PR]
by asanomi33 | 2013-08-26 17:26 | 季節の味

朝顔

ちびのみの朝顔。
とても涼やかな色がてっぺんに三つ並んだ。
まだ花びらが開ききっていないうちに撮影。
7時過ぎにはしぼみ始める。

f0008510_11375437.jpg

[PR]
by asanomi33 | 2013-08-18 11:37 | 花写真

梅干

赤紫蘇を入れた梅漬け。
やっと晴れが続きそうなので、これから三日三晩干す。
たまたまだけど、昨年干したのも8/8だ。
全部で6キロの梅干、仕上がりが楽しみ♪


f0008510_10163959.png

赤紫蘇を入れて一週間くらいでこんな感じ。

f0008510_10163727.jpg

ざるに並べる作業も楽しいもの。
背中が暑いけど・・・

f0008510_10173275.jpg

赤紫蘇も広げて干す。
ゆかりは好きじゃないのだけど、
辰巳浜子さんの本に書いてあったものを作ってみたくて。

f0008510_10182867.jpg

風で飛ばないように
一応網をかぶせておく。





f0008510_1019890.jpg
干す前の梅を食べてみて!と何かで読んだのでつぶれたものを試食。
それほど酸っぱくないけれど、赤紫蘇を入れたほうは渋みがある。
お茶請けにしてみるか。
[PR]
by asanomi33 | 2013-08-08 10:21 | 梅仕事

美味しいものを食べて昼寝が一番幸せなasanomiのつぶやき


by asanomi33
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite